2018年03月02日

ボランティア的な計画

子ども食堂やお弁当で働くお母さんや子どもたちを応援をすることが、来年の目標になりつつある。
私自身、フルタイムで働きながらの育児や生活が難しかったことが理由の一つだ。お金を出せば、外食や中食「食う」には困らないだろう。それが家で食べるカップラーメンでも然り。

ご飯(作ってくれ)ないからお昼っていつ?と聞かれたり、子どもたちだけでコンビニでお弁当を買っている姿を見ると本当にお腹いっぱいなのか不安になる。

お腹いっぱいになって、心も満たされていないと食事とは言えないと思うのだ。一方で手をかけた食事を用意出来ず心苦しい思いをしているお母さんもいるかもしれない。私はそんな家族のお手伝いをしたい。それが今までの自分に対して周りから受けたあたたかい支援に対する恩返しだとも言える。
  
タグ :子供食堂


Posted by ebida at 11:12Comments(0)

2018年01月07日

好きな映画の話。

10年くらい前に放映されたジョニーデップ主演の「チャーリーとチョコレート工場」が好きです。
放映当時はレイトショーで何度も観ましたし、DVDや原作本など色々買いました。

色々鼻につく子供たちを巧みに罠に陥れる痛快な所や、
カラフルな洋菓子そのもののような画面、
ジョニーデップの演技、最後は誠実な子供も幸せになるストーリーにに惹かれました。

1970年代にも映画化されていたようで探して観てみたのですが、
ジョニーデップ版とは大違いで感情的なチャーリー対反抗的な子供たちになっていて
原作無視な展開でしたが、

ジョニーデップ版はかなり原作に忠実でなおかつ楽しいエンターテインメントになっています。

ヴィレッジヴァンガードや輸入食料品店で
たまに「チャーリーとチョコレート工場」の板チョコを買うくらい今でもこの映画が好きです。

チャーリーに扮したジョニーデップ人形は今でも我が家の守護神で、
齧ったりしてほしくないものから我が家のインコたちを巧みに罠に陥れています。

  


Posted by ebida at 00:18Comments(0)

2017年12月16日

クラシックはいい!

今年の3月数年ぶりに、コンサートに出かけられました。

仕事が忙しくてに、中々出かける事が出来ませんでした。
しかも今回はライヴでは無くて、バンドとオーケストラの競演と言うかたちです。

一度クラシックコンサートに行って観たかったので、チケット代高くても構わなかったのです。
西本智実さん指揮で、スメタナ作曲の我が祖国ヴルタヴァから始まりました。

とても心地よくて、改装された大阪フェスティバルホールの音の反響もまた素晴らしかったです。
曲が終わると高見沢さんが、ステージに上がられました。

ヴィヴァルディの四季から、夏を演奏されました。
オーケストラに合わせての速弾きが圧巻でした。他にも書ききれない程の、素晴らしい演奏でした。
こんなクラシックならまた次の機会にも、出かけたいです。

  


Posted by ebida at 18:17Comments(0)